家を買いたい!Q&A

【年収820万円】戸建てマイホーム購入にあたり、いくら位までの物件が購入可能か

更新日:


戸建てマイホーム購入にあたり、いくら位までの物件が購入可能かアドバイスをお願いします。

地方政令都市から電車で30分ほどの市に住んでおります。

震災の影響もあり県全体の地価が高騰している場所という背景もあります。

夫39歳、妻41歳、子供1年生双子の4人。
夫年収820万(額面) 月47、ボーナス2回計246
妻 現在短期契約のパート、住宅購入後扶養内で働く予定
学資保険1人分300万払い済
貯蓄2300万
現在社宅暮らし3.5万/月
退職金予想2000~2500万
貯金ペース 年間160~200

夫は転勤があるので5年後くらいには異動となり単身赴任予定です。

子供の高校~大学進学と夫が単身赴任した場合帰宅しやすいことを考え沿線で考えております。

そうすると相場で土地が2000万前後です。

その上にHMで注文住宅となると5000万をゆうに超えてしまいます。

頭金に1000万、手数料等に500万、3500万を住宅ローンで合計5000万は可能と思われますか?

自己流で作ったライフプランではなんとか大丈夫と出ますが、不安です。

HMで紹介されたFPさんから5000~頑張れば5200くらいまではいいのでは?と言われましたがHM経由だと無理とは言わないのでは?とも思ってしまいます。

よろしくお願いします。

注文住宅で失敗しないためにカタログを請求しよう

実際に注文住宅を購入した方がどれくらいカタログを取り寄せているのかというと、一人当たり約10社ほどのカタログを取り寄せています。

注文住宅カタログを入手するには

①住宅展示場でもらう
②各社HPから取り寄せる

という方法がありますが、

まとめて一括請求してカタログを取り寄せるのが一番ラクで無駄な時間を使わなくて済みます。

数年後に注文住宅を購入したいと思う方も、とりあえずカタログを郵送してもらうだけでも大丈夫。

情報をできるだけ多く入手することで、一生に一度の大事な注文住宅の購入に失敗する確率もグンと減ります。

LIFULL HOME'Sは運営している会社が上場しているので安心して利用できるサービスです。

それではみなさんの回答を見ていきましょう。

年間貯金が160万。定年まで20年。
160万×20年=3200万

社宅分の3.5万×20年
3.5×12×20=840万

この合計だけで4040万しかありません。

そこから3500万のローンを払ったら残りは540万。

その中から、教育費の残り、車の買い替え、固定資産税、家の修繕費、生活費の上昇分、等々出さないといけません。

しかも今後単身赴任となると、経費は1.5倍です。

退職金は老後費用に充てるのでギリギリだと思います。

収入からすると、そこまで無理な物件ではないのですが、社宅で家賃がすごく安い割に、年間貯金が少ないと思います。

手取りだと、650万くらいあるはず+妻の短期パート代なのに、貯金は多くて200万。

つまり年間で500万。月にならすと40万~45万使っている。

まだ小学校1年生なのに。

正直、節約体質ではないと感じます。

さらにご主人の年齢が39歳であることを考えると、4000万以下の物件にして、2500万のローンくらいで抑えるのが妥当だと思います。

3500万円の住宅ローンは審査に通ると思いますが、手取りにすると7倍近いと思います。

ご主人の年齢を考えて20年返済で計算すると、支払額が「破綻の14万円」前後になると思います。

FPは「可能」と言っているだけであり、その後の生活に責任を持ってくれません。

うちも似たような状況で建てました。

旦那42歳、年収800万、住宅ローン2800万(20年)で組みました。

子供が高校生になり、今しんどいです。

ギリギリです。

40歳を過ぎてローンを組む場合、ローンは3倍程度が理想と言われますが、うちは少し上回りました。

旦那様も、40歳近く。

3500万は多すぎると思います。

理想は2400万程度、無理したとしても2800万程度がギリギリのラインだと思います。

FPはHMが紹介してくれた人なら、あてになりません。自力で探しては?

地域の情報誌などに載ってないですか?

あと、退職金をあてにするのは止めましょう。

老後は長いですから、必要ですよ。

それから、学資保険も一人300万では、足りないです。

上積み貯金が必要だと思います。

それとは別に普段の教育費が重くのしかかってきますので、それを甘く見ないほうがいいと思います。

中学からの塾代なども馬鹿にならない額ですよ。双子なら猶更。

高校に行っても、公立なら塾が必要。私立は学費が高いので、重くのしかかってくるんです。

それから、細かい話になりますが、旦那様の収入ですが、出費が嵩む時に、多分、児童手当などがカットされる額を超えると思います。

医療費制限にひっかかる、高校の授業費も免除されない。

と自己負担が増えます。
(これに関しては、私もクレームをつけたいですが、どうしようもないです。)

細かく書いてしまいましたが、子供の教育費、本当に負担です。

それから、うちは子供が中学時代に、旦那が単身赴任しています。

全額会社が負担してくれるわけではなく、毎月赤字でした。
(月2~3万のマイナス。)

頭金と諸経費で1500万使うとしたら、やはり4000万程度が妥当なラインだと思います。

多めに見積もっても、4200~4300万くらいが限度かな。

沿線にこだわりがあるのなら、建売や中古も視野に入れてはどうでしょうか?


なぜ今家を買いたいのか、疑問です。

転勤に付いて行った方が、手当とかありませんかね?

単身赴任でも出るのでしょうけれど、やはり二重生活はお金がかかります。

まぁ単身赴任は良いとしても、そういう今後おこりうる不測の事態をちゃんと想定してライフプランを立てたのか疑問です。

双子ちゃんなら、全ての費用が同時にかかってくるので、けっこう大変では?

しかも土地が高騰しているタイミングで買おうとするのも、よくわかりません。

社宅で安く住めているので、住める限り住んでお金を貯めた方が良いと思います。

年齢から考えると、ローンは2000万円くらいにおさえた方が良いですよ。

不動産は買って終わりではありません。

数年、数十年単位で繰り返し修繕が必要になりますし、家電も設備もどんどん壊れます。

そういうことに対応できる余力がないと、のちのち大変なことになりますよ。

住宅ローン3500万円として、借入先の利率や借入年数が何年か、肝心かなめの変動金利か固定金利か?またボーナス払い有る無しが分からないので難しいのですが。

そうだなぁ。

その年収なら固定金利をすすめるけど、仮に三年の変動金利として、繰上げ返済をガンガンして完済を10年未満で出来る見立てがあるならゴーサインです。

変動金利で30年ローンなら、絶対背中押せません。怖すぎます。

ちなみに我が家は主人が20代後半でローンを組みボーナス払い無しの固定金利にしました。繰上げ返済を数回して借り入れ年数の短縮になりました。

また優遇のある固定金利を見つけ、借り換えも二回して現在の月の返済額は借り入れ当初より減りました。

上にもありますが、まだお子さんが小さいうちが蓄めどきです。これから大学卒業までの15年から16年、食費も習い事も学費も右肩上がりです。ましてや双子ちゃんなら諸々の費用が二倍ですよね。

更にマイホームならば固定資産税も毎年約20万~かかりますし、メーカーによっては築15年前後で外壁の塗り替えなど数百万円かかりますし、白蟻などの防蟻シートのはりかえは10年単位のメーカーもあります。

皆様、ご指摘ありがとうございます。

今この時期に購入を考えたのは9年ぶりに転勤で地元県に戻ったからです。

そして次の転勤はおそらく双子が小学校高学年か中学。

そうすると転勤に着いて行くのが可哀想な時期かと思いました。

ですが、私の予想よりも中高の塾代や単身赴任の生活費などがあるのですね。

甘く見ていた自分がいます。

HMや不動産屋の「待ってたってこれ以上いい土地など出ない。いい場所はどんどん無くなるだけ」という言葉に夫婦で焦ってしまいました。

また、住宅ローンについてもまだ具体的に銀行に相談したこともなかったのでそちらも勉強しておこうと思います!

終の棲家となるマイホーム、定年後に夫婦2人で新築するのもいいですが、出来る事なら子供たちと10年ちょっとでも暮らせたら・・・という夢もあります。

もう一度、現実的なローンとなるように資金計画も練り直し焦らずじっくり見て回ります!みなさん、ありがとうございました。

注文住宅を購入したいと思ったらカタログ請求


注文住宅を購入したいと思ったら、まず依頼先を探すことからはじまります。

依頼先には「ハウスメーカー、工務店、建築事務所」があり、親身になってくれるハウスメーカーや工務店、建築事務所を見つけるためには、カタログ請求して徹底的に比較することが大切です。

営業マンは話すことでフィーリングがわかりますが、職人さんの良し悪しは、その会社が建てている現場に行くと仕事ぶりで確かめることができます。

どんな人が家を建てているのか、どんな風に建てているのかを見ることができたら、安心して任せることができるでしょう。

LIFULL HOME'S 注文住宅は通常のカタログ・資料請求サイトと比較するとハウスメーカーや工務店、建築事務所の数が非常に多く、ジャンルに特化した特設ページがいくつもあるので、理想の家を建ててくれる業者を探しやすい。

建築価格1,000万円台のカタログ
ローコスト住宅専用のカタログ
平屋住宅のカタログ
外観デザイン住宅のカタログ
ZHE住宅のカタログ
都道府県別のカタログ

などなど、あなたの希望に合わせた家を得意とした業者選定が簡単にできて、気になる業者から一気に資料・カタログを入手できます。

非常に効率よく情報収拾が可能なサービスです。







-家を買いたい!Q&A

Copyright© 【家・マンションを売りたい】住み替え、不動産売却、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.