家を買いたい!Q&A

住宅ローン組まれている方、変動ですか?固定ですか?

更新日:


住宅ローン組まれている方、変動ですか?固定ですか?

うちは変動ですが、金利が上がるかもしれないし、不安です。

注文住宅で失敗しないためにカタログを請求しよう

実際に注文住宅を購入した方がどれくらいカタログを取り寄せているのかというと、一人当たり約10社ほどのカタログを取り寄せています。

注文住宅カタログを入手するには

①住宅展示場でもらう
②各社HPから取り寄せる

という方法がありますが、

まとめて一括請求してカタログを取り寄せるのが一番ラクで無駄な時間を使わなくて済みます。

数年後に注文住宅を購入したいと思う方も、とりあえずカタログを郵送してもらうだけでも大丈夫。

情報をできるだけ多く入手することで、一生に一度の大事な注文住宅の購入に失敗する確率もグンと減ります。

LIFULL HOME'Sは運営している会社が上場しているので安心して利用できるサービスです。

それではみなさんの回答を見ていきましょう。

我が家は固定。

変動の低金利は魅力的なのですが、いつ上がるか気にするのが嫌なので固定です(^O^;)(笑)
地方銀行で、2段階固定金利?です(__)

申し込みの時とローンが始まる時で、低い方の金利が適用されるので、下がれ~下がれ~と願っています。(2月にローンが始まる予定です。)
繰り上げ返済出来る人は変動の方が良いと聞きます。

が、各家庭の事情によりますかね(^^;

金利が上がった時の返済に不安を感じるようでしたら、固定か完済まで固定しているフラット35がお勧めです。

我が家は昇給の見込みが少なく、金利が上がった場合に返済出来るかも心配でしたので、ずっと金利が変わらないフラット35を利用してます。

子供が成長しても金利や返済額が変わらないので、学費や仕送りにどれだけ出してあげられそうかも計画を立てやすくて助かります。

フラット35Sで借りました。
基準金利は今より高めでしたが、金利優遇 -1%が10年間だったので決めました。金利優遇が終わる頃には繰り上げ返済する計画ですが、
それだったら変動でもよかったかな?とも思うこともあります。

昔の、固定金利8.5%とか公庫6.5%という時代を知ってるので、
全期固定で1%台は安心できました。

この10年、変動金利は変わってないです。

最初の10年の住宅ローン控除で得をするなら変動かな、と思い、変動にしました。

全然景気があがる見込みもないし、金利があがるのは当分ないんじゃないかなー、と気楽に考えてます。

金利は今後上がりますよ。

上がっても対応できる人が変動を選ぶんだと思います。

上がってやっていけない人は最初から固定を選んだ方がいいと思いますよ。

金利が低いからってだけで変動を選ぶと後々きついんじゃないかなと思います。

最初の10年間は、金利-0.6%になるので1%切ります。

今後はTPPや人口の減少、膨らんだ国の借金とかでどのように経済が動いていくか全く読めないので、金利が安いうちにフラット35で組みました。

変動金利は今迄上がらなかった、というのはバブル崩壊後の景気低迷期間の金利動向なのであまり参考にならないと判断しました。

長いローンなので、もし固定金利で組めるなら固定金利の方が良いと思います。

幾ら繰り上げしたから後は幾ら、今まで幾ら払ったから残高は幾ら・・・と見通しがたつのも大きなメリットだと思います。

不安、というのは金利上昇に対応できない組み方をしたと言う事でしょうか??

変動金利は一般的に、短期借入や金利上昇に対応できる方向けだと思いますが。。。

10年後に繰り上げ返済することを目標にしているので、10年固定にしました。

住宅ローン減税をきっちり貰ってから繰り上げしようというハラです(笑)

今は金利が安いので、固定にするのもいいと思います。ただ、固定期間中は繰り上げ返済すると高額な手数料をとられることがあるので確認した方がいいですよ。

変動金利も5年間は返済額が変わらず、5年後も15%以上は返済額を上げない(もちろん銀行によってことなりますが)などと細かい決まり事があるはずです。一度主様の契約を確認してみるのもいいかもしれません。

当分繰り上げ返済する予定がないのなら、私なら固定にするかな・・・

注文住宅を購入したいと思ったらカタログ請求


注文住宅を購入したいと思ったら、まず依頼先を探すことからはじまります。

依頼先には「ハウスメーカー、工務店、建築事務所」があり、親身になってくれるハウスメーカーや工務店、建築事務所を見つけるためには、カタログ請求して徹底的に比較することが大切です。

営業マンは話すことでフィーリングがわかりますが、職人さんの良し悪しは、その会社が建てている現場に行くと仕事ぶりで確かめることができます。

どんな人が家を建てているのか、どんな風に建てているのかを見ることができたら、安心して任せることができるでしょう。

LIFULL HOME'S 注文住宅は通常のカタログ・資料請求サイトと比較するとハウスメーカーや工務店、建築事務所の数が非常に多く、ジャンルに特化した特設ページがいくつもあるので、理想の家を建ててくれる業者を探しやすい。

建築価格1,000万円台のカタログ
ローコスト住宅専用のカタログ
平屋住宅のカタログ
外観デザイン住宅のカタログ
ZHE住宅のカタログ
都道府県別のカタログ

などなど、あなたの希望に合わせた家を得意とした業者選定が簡単にできて、気になる業者から一気に資料・カタログを入手できます。

非常に効率よく情報収拾が可能なサービスです。







-家を買いたい!Q&A

Copyright© 【家・マンションを売りたい】住み替え、不動産売却、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.