リフォーム

断熱性の高いユニットバスにリフォームするメリットとおよその費用

投稿日:

ユニットバスのリフォームを検討している方の中には、断熱性の高いユニットバスへのリフォームを検討されている人も多いです。

断熱性の高いユニットバスは、発泡ウレタンやFRPなど断熱性や保温性に優れた素材でユニットバスの床下や天井、壁などを覆うのが特徴です。

パパ
こうした素材を用いると外気の寒さから浴室を守ることになり、温かい浴室を作り出すことができます。

また、断熱性に優れている素材はコンクリートやタイルなどとは異なり柔らかい肌触りをしていることが多いので、転倒したときの痛みを和らげるという効果もあります。

そのため浴室のバリアフリーを検討している方にもおすすめです。

断熱性の高いユニットバスにリフォームするメリット

断熱性の高いユニットバスを導入するメリットはいくつかあり、その1つが「ヒートショックを防ぐ」ということです。

ヒートショックの危険性については【お風呂のヒートショック対策】寒い浴室はヒートショックが起こる危険性が高いのページで解説。

ヒートショックとは温かい部屋から寒い部屋に移動したときに起きる生理現象の一つで、急激に血圧が上昇します。

急な血圧の上昇は心臓や脳に負担をかけてしまうことがあり、心臓や脳に問題がある方はそれが原因で心筋梗塞や脳卒中が発生するもあるので注意が必要です。

パパ
断熱性の高いユニットバスを導入すると、浴室とその周りの部屋との温度差が少なくなるので浴室での事故を防ぐことができます。

2つ目のメリットは「カビの発生を抑える」ということです。

冬など寒い日に風呂を沸かすと結露が大量に発生して壁や天井に張り付き、そのまま放置するとカビが発生する恐れがあります。

断熱性の高いユニットバスは耐熱だけでなく、防水性にも優れており、カビが発生しにくい浴室を作ることができます。

断熱性の高いユニットバスの費用

断熱性の高いユニットバスを導入するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

浴室全体を耐熱性の高いユニットバスへとリフォームする場合、浴室の広さによっても変動しますが、一般的には90万円から120万円ほどかかります。

通常のリフォームの費用は60万円から100万円ぐらいであることを踏まえると、耐熱性の高いユニットバスへのリフォームは、通常のリフォームよりも高くなってしまいます。

ですが、断熱性や防水性に優れた素材で浴室を覆うことから浴室が長持ちするため、再度リフォームすることなどを踏まえると一概に高いとは言い切れません。

それでも費用が気になるという方は浴室の一部だけをリフォームすることもできます。

パパ
浴室全体は高いけれど天井や窓など熱が逃げやすい箇所だけを断熱素材にすれば、費用を抑えることができます。

参考になれば幸いです☆







-リフォーム

Copyright© 【家・マンションを売りたい買いたい】住み替え、不動産売却、リフォーム、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.