リフォーム

【お風呂のリフォームを検討する時期・タイミング】浴室のリフォームは早めにしよう

投稿日:

お風呂は毎日湯水を使用するため、湿気がこもり、家の他の場所と比較しても劣化しやすい場所。

そうした特徴から、長く住んでいるとリフォームしたいと感じる方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、故障しているならまだしも、壊れてもいないお風呂のリフォームはいつ行えばいいのか悩ましいものです。

お風呂のリフォームはどういったタイミングで検討するといいのか解説します。

お風呂のリフォームを検討する時期・タイミング

現在の戸建て住宅やマンションのお風呂の多くは、ユニットバスで作られています。

パパ
ユニットバスとは、工場で作成した床面や浴槽・壁といった浴室に必要なものを全て現地で組み立てたお風呂のことを言います。

ユニットバスの一般的な耐久年数は、使用頻度や使用環境・メンテナンスによっても違いますが15年程と言われています。

15年と言われても問題がなければ使用出来ますので、耐久年数はあくまで目安として捉えておきましょう。

見た目の変化でリフォーム

まず、見た目の変化からリフォームの検討をします。

浴室のリフォームを検討する一番のポイントは、浴室に傷やひび割れといった損傷があるかということです。

損傷があった場合、高い確率で水漏れを起こしています。

特に戸建て住宅の場合は、お風呂を含め家全体を支えているのは木製の柱や壁であることが多いです。

浴室の傷やひび割れを放置していると、その柱や壁に水が吸い込み腐食して家を支える部分まで修理が必要になってきます。

「家の傾きが見られるため調べてみると、浴室の柱が長年の水漏れで腐食してボロボロの状態だった」

という事例もありますので、浴室内で傷やひび割れを発見した時は、放っておかず専門業者に確認してもらうことが大切です。

放っておくと水漏れは家を傷つけてしまい、修理費用も高くついてしまいますので、早めのリフォームを検討しましょう。

ほかにもリフォームを検討するポイントがあります。

浴室内には、浴槽や壁のつなぎ目に「コーキング」と呼ばれる、白いゴム材のようなものが浴室のすき間を埋めています。

パパ
コーキングの耐久年数は8~10年程度で劣化が始まってきます。

劣化が始まると、いままでコーキングが埋めていたすき間にひび割れが起きて、水が漏れやすくなります。

この場合は改めてコーキングを打ち直す作業が必要になってきます。

コーキングを打ち直す作業は、ホームセンターからコーキング材を購入し自分で作業することもできますが、失敗する可能性もありますので自信がない場合は、専門業者にお願いしましょう。

費用はお風呂の大きさにもよりますが、3万円前後です。

パパ
丸1日はお風呂が使えなくなります。

また排水溝もこまめに掃除をして汚れを取っておきましょう。

水圧の変化で排水溝にダメージを与える場合があります。

目安の時期でリフォーム

一般的には、築10年を超えると汚れやカビが目立ち始めると言います。

脱衣所の床がぶよぶよする場合は、腐食が進んでいたり、シロアリの被害にあっていたりする場合が考えられます。

放置すればさらに進行し、進行した分だけリフォームの費用がかさむため、こうした見た目のサインが現れた場合はリフォームを検討するタイミングだと言えます。

汚れやカビが目立ち始めるのが築10年頃ですが、15年経過する頃には目に見えない部分にも注意が必要なため、およそ築15年を目安にお風呂場のチェックを行うと良いでしょう。

早めにリフォームすることで、脱衣所などへの腐食を未然に防ぎ、余分な費用が節約できます。

家族のためにリフォーム

お風呂のリフォームのタイミングとして、「家族のニーズ」を叶えるのも大きな要素となるでしょう。

家族の安全や要望はリフォームにおける大きなポイントです。

たとえば

・脱衣所と浴室の間の段差をなくしたい

・浴槽で足を伸ばしてゆったり浸かりたい

・冬になると浴室が寒い、浴室の床がすべりやすい

といった問題を解決するためのリフォームは、たとえお風呂自体は使用可能であっても、使用する側の人間が辛いと感じるのであれば、家庭内の事故を防ぐためにも、すぐにでも検討すべきでしょう。

お風呂のリフォームを行うことで、家族の健康と事故が防げるのであれば検討する価値は十分にあります。

特に、冬場の寒い浴室での温度差によるヒートショックが原因の死亡者は毎年ニュースになっています。

こうしたヒートショックを防ぐ上でも、浴室設備のリフォームを検討することは重要です。

使いやすさを含め、より良い生活のために、リフォームのタイミングを見逃さないようにしましょう。

お風呂のリフォームは早めにするべき理由

お風呂のリフォームはできるだけ早めに行う事をお勧めします。

パパ
特に築20年で一度もメンテナンスをしていなかったり、排水口の流れが悪くなったりする場合は早めに調査を行った方が賢明です。

浴室の劣化はマイホームが木造建築の場合には家全体の劣化や腐食につながる事が多く、マンションの場合でも水漏れなどの原因となります。

マイホームは一生に一度の買い物であるという人がほとんど。

30年40年住み続ける事を考えれば、お風呂のリフォームを高い買い物と考えるのではなく、全体的な費用の節約につながると考えてリフォームするのも賢い選択肢です。

更に言えばリフォームは省エネの実現も可能です。

住宅設備というのはここ10年前後で飛躍的な進歩を遂げており、浴室に関しても同様に新規開発が進んでいます。

リフォームを実現する事によって水道費や電気、ガスなど光熱費が大幅に削減され、相対的にみてみればコストパフォーマンスの良いリフォームになる可能性が高くなります。

パパ
大切な家族のくつろぎの場のリフォームはマイホーム全体の健康状態を改善してくれるかもしれません。

まとめ

リフォームをするとなれば、どうしてもまとまった費用が必要となってきますが、日々のメンテナンスを行うことで寿命を延ばし、リフォームを遅らせることは可能です。

日々のメンテナンスで心掛けたいことは、毎日掃除を行い、浴室内の水滴を拭きとっておくことです。

水滴を拭きとることを実践すればコーキングにもカビが生えにくくなったり、ユニットバスの劣化予防にもなります。

また、浴室には湿気が溜まらないように湯舟にお湯を張っている時は、必ずフタを忘れないようにしましょう。

そして最後にお風呂に入った人は、湯舟からお湯を抜いておきましょう。

浴室に湿気が溜まらないよう心掛けるだけで、お風呂の寿命も変わってきます。

参考になれば幸いです☆

 

 

 







-リフォーム

Copyright© 【家・マンションを売りたい買いたい】住み替え、不動産売却、リフォーム、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.