家を買いたい!Q&A

なぜ家を買って住宅ローンという膨大な借金をかかえるのでしょうか。

更新日:


誰しも借金はしたくない。

多額の借金はなおさらのこと。

ではなぜ家を買って住宅ローンという膨大な借金をかかえるのでしょうか。

先日新築祝いに行ってきました。そのお宅は奥さんが家がほしい派でした。

でもお金がないから無理と悩んでいました。

しかし急に家を買うことになり、あっという間に庭付きの一戸建てを買ったのです。

ほぼ全額ローン。
払い終わるのは旦那さんが75歳でした。

どうやって返すの?と聞くと繰り上げでがんばるし定年には終わらせるつもりだそうです。

いろいろ聞くとあまりの気楽さに大丈夫だろうかとザワザワしてきました。

今現在住宅を買えるお金がないのに、一戸建てが簡単に手にはいる。

お金がないのにです。

牛乳1本でもお金がないと買えないのです。

なのに家が買える。それも何千万円の家。

怖くないですか?この社会の仕組みに怖くなりませんか?

よく資産になると聞きますが、私が思うに、牛乳でいうと中身はローンで紙パックが資産みたいなものなんでしょうか。

リサイクルや手作り小物は作れる。そういうことでしょうか。

賃貸だと老後住む家がない。

賃貸の方が先を考えていないみたいな風潮がありますが、私からすればお金がないのに家を買って莫大な借金をかかえてそっちの方が不安じゃないのかと思うのです。

病気になったり会社がつぶれたり離婚したり、老後になる前に考えられることが山ほどあるのになぜローンは払えると思えるのか。

もし私が家のローンを組むと考えると足に鎖を繋がれ払い終わるまではその鎖は取れないシステムに感じて仕方ないです。

みなさん先なんて何が起きるかわからないと明日のことすらわからないと言われるのにどうしてローンだけは払い終えると断言できるのでしょうか。

マイホームの方はどういう気持ちで過ごされてるのか教えてほしいです。よろしくお願いします。

注文住宅で失敗しないためにカタログを請求しよう

実際に注文住宅を購入した方がどれくらいカタログを取り寄せているのかというと、一人当たり約10社ほどのカタログを取り寄せています。

注文住宅カタログを入手するには

①住宅展示場でもらう
②各社HPから取り寄せる

という方法がありますが、

まとめて一括請求してカタログを取り寄せるのが一番ラクで無駄な時間を使わなくて済みます。

数年後に注文住宅を購入したいと思う方も、とりあえずカタログを郵送してもらうだけでも大丈夫。

情報をできるだけ多く入手することで、一生に一度の大事な注文住宅の購入に失敗する確率もグンと減ります。

LIFULL HOME'Sは運営している会社が上場しているので安心して利用できるサービスです。

それではみなさんの回答を見ていきましょう。

同じく、旦那が75までのローンで家を買いました。

なんでしょうね、この家をキープするために頑張るぞー!っていう決意表明みたいなものですかね。

払い終えると断言できる、っていうか、払い終えるぞ!ってハッパかけてるんですよ。

買った以上は簡単に転売できないし、夫婦共に力を合わせていく必要があるし、この地で根を下ろす覚悟があるから出来たことだなーって思えます^ ^

建てて住もうが借りて住もうが、お金はかかります。だから、借りてるところに払うお金をローンと考えれば、住んでいるだけで自分のものになる。

という感覚です。

もちろん、ローンの支払い以外にもお金はかかるので本当にお金がなければ建てるのは難しいですが。

主人が以前住宅メーカーに勤めていました。
無理なローンで家を手離す方は少なくないそうです。我が家は小さな家を建てました。部屋数も少なくて本当にこじんまりとしてます。

でも頭金も多少貯めていたので、ローンはあと数年で終わります。

賃貸だと定年後がかなり厳しいです。
少ない年金から家賃を払うのは本当に至難の技で生死にも関わると私は思っています。
私はどちらかと言えば賃貸の方が怖いです。

でも、
>この社会の仕組みに怖くなりませんか?
この意見もよく分かります。
「一生に一度の買い物だから」という言葉に乗せられて過度なローンを組むのは危険だと思います。

貯金を崩してローンも組んで家を購入しました。

貯金を出したので、今売りに出しても借金は残りません。

多少のざわざわはありますが幸せですよ。

賃貸時代よりも広い家になり戸建てな事もあり多少騒いでも精神的にゆったりできます。

ご近所さんたちも似たような方が多いので安心。

これだって思いつかないのですが、以前よりも幸せだって思う事が多いです。

ローン、借金といえばそうなんですが、住宅に関してはちょっと違うような気がします。

いや、借金は借金なんですけどね。ある程度の信用があるからこその借金だし責任感も出てくるんじゃないでしょうか。

怖くないか…怖くない程度のローンです。借りられる額MAXだったら怖いですがそんな額は借りません。

牛乳の例えはよく分かりませんでした。土地って基本なくならないけど中身は飲めばなくなる。

パックが土地だとしても、パックなんて一般人は基本いらないし。家屋も基本数十年腐らないですから…

お知り合いの方のお宅も話した内容が全てではないと思うし

「私は堅実に生きていくわ」でいいと思いますよ。

ローンのために働く。

これもいいと思いませんか?

いいと思わないのでしょうね。
だから疑問が出る。

うちは旦那が働いてローン返すのですが、そういう鎖をつけておけば、簡単には仕事はやめられないというのは好都合ですよ。

家族も同じなのよね~家族がいるから、養う人がいるから仕事できるという。

旦那がそういうこと言ってました。

そんな目標があって人生にも張りがでるってものですよ。

もう引っ越したくないからですかね。安住の地が欲しかった。

ローンは現金一括で買えないものを買うための仕組みです。
家をキャッシュで買える人なんてそうそういませんよね?

ほとんどの人が住宅ローンを組みます。
なので、住宅ローンに抵抗はありません。

それに、無謀な額のローンは組んでいないので。
ちゃんと返せる計画で借りてます。皆さんそうだと思いますよ。

知ってました?
住宅購入した場合と一生賃貸の場合、かかる住宅費用はほぼ同じなんですって。

ただ、予定より長生きした場合、住宅購入の方が費用が安くおさえられるんです。

賃貸はいくら歳をっても死ぬまで払い続けなければいけませんからね。購入の場合、家のメンテを最小限にすることで出費を抑えられる。

一生賃貸で、老後は老人ホームに入る手もありますが、そうなると賃貸よりも余計にお金がかかりますしね。

でも、一生賃貸派の人もいるし、それはそれでいいと思いますよ。

出産、子供の成長、子供の結婚、老後とともに家族構成が変わるたびに住み替えできますしね。

疑問は住宅ローンを組むことへの不安?
そんなの、みんな働いて何とかしてるんですよ。

ローンが不安で不安で購入に踏み切れないなら、賃貸のままでいいのでは?
ご自身の道を行けばいいと思います。

住んでる場所や持ち家かどうかって、一つのステータスだと思います。
車も似てるかな。それを持つ事で、モチベーションも変わるかなと。

もちろん、無謀なローンは無しですよ。
モチベーション以前に、それが重荷になったら元も子もないので。

子供の友人関係にも左右されるかな。

主さんは、買えるのに、買わないのか?
親から受け継いだ資産があって買う必要が無いのか。

もしくは、買う資金がないから、単に無謀なローンが怖いのか。

どの立場にいるかわかりませんが。
住む場所で人の価値は変わると思うので、それなりの生活がしたいなら、環境を買うのは有りだと感じます。

(何度も言いますが、無謀なローンは無しですよ)

その方は無理のあるローンのようですが、家を買う人がみんなそんな人のわけないじゃないですか。

頭金ゼロで買う人ばかりじゃないでしょう?

きちんと将来を見据えて、貯金額やローンを払い終わる時期、繰上返済の見込みなど考えて、頭金を貯め、無理のないローンを組み、減税の恩恵なども受けつつ、きちんと返済できる人もたくさんいますよ。

家を買う=返せないほどのローン組んでるって思いこみすぎでは…。

うちも持ち家ですが、頭金をたくさん入れたのでローンは5年以内に払い終わりました。

持ち家の方がお得とも賃貸の方がお得とも思いません。

生涯で払う金額は大差ないと思っているので、それなら気に入った広い家に住みたいと思い家を建てました。

賃貸が高い地域なので、ローンは家賃より低い金額になるように頭金を入れ、数年で返せる額しか借りませんでした。

うちはかなり心配性なので夫が失業してもなんとかなる金額のローン金額でしたので、家を建てて賃貸暮らしより住居費はぐんと安くなりましたよ。

誰もが75歳まで払うような無茶なプランで住宅ローンを借りるわけではありません。

知人のような方であれば、確かに不安で心配で、身内なら「やめときな」と私も言うと思いますが、

世の中にはそれほど無理のないローンを計画的に払っている人の方が多いと思います。

怖いからってお金が貯まるまで待っていたら、何時になっても買えません。だからローン(借金)購入したってだけです。

車とかだったら貯めてから~とかも思えるけど、数千万もするような家をキャッシュで買うのは、宝くじを買うよりも難しい。おそらく一生無理です。

だからこそ踏み切った・・・といった感じです。

踏み切った先には、不幸もあるかもしれませんけど、幸福もあるかもしれません。

不幸を恐れて幸福を失うのも面白くないな~と思う私は、買うべき時に買っただけという気持ちですよ。

駅に近い4LDKの一戸建てを26歳(夫が29歳)の時に買いました。月に12万くらいのローンです。結婚当初に住んでいた2DKは家賃9万円くらいでした。

収入レベルは「中の中」だと思います。私は育休中なので、今年の5月からは一馬力です。

夫婦して元々そんなにお金を使わないタイプなので(飲み会に行かない、服にもお金かけない、駅近いから車もいらない、休みの日は家族でお散歩や日帰りのハイキングが楽しい!という感じ(^^;)、ローンのために切り詰めているとか節約しているとかいう感覚もなく。

食べたいものを食べて(と言っても、スーパーで桃を買うとかさくらんぼを買うとかその程度(笑))、子どもにもやらせてみたいと思ったら習い事させてという感じです。

賃貸でもどのみち家賃はかかるし、子どもが大きくなったら9万の家賃の家じゃ狭くなってもっと家賃のかかる家に引っ越すしか無いでしょうし…。

毎月同じお金を払って数十年後、手元に何も残らないのが賃貸、土地と家が残るのが持ち家という認識です。

私が4割、夫が6割でローンを組みましたが、団信にも入っているので、もしも夫婦のどちらかに何かあった場合は生命保険がわりにもなります。(支払いができなくなった人の分は免除になるので。)

35年ローンを組みましたが、子どもが生まれるまでの4年間にだいぶ頑張って繰り上げ返済したので、返す気になれば今すぐ全額返せるところまで残額は減っていますが、住宅ローン控除(免税)や団信の都合で敢えて返さずに現金で手元に残しています。

答えになっているかはわかりませんが、我が家はこんな感じです。

旦那が先に死んだら家のローンはなくなります。これはある意味一種の保険です。

旦那が早くに亡くなっても済む家はなんとかなる。

あとは人に貸すなり、売るなりしてもいい。

離婚の時も一緒。

あとは賃貸でもろもろかかる家賃とローン返済額、固定資産税、修繕費が年間さほどかわらなければ賃貸もローンもさほど変わらないとは言えると思います。

うちは後者の意味合いが大きいです。

賃貸で借りるより月々のお安いローン返済額、旦那が定年するまでに返せる見込み、ボーナス返済なし。

今ってこの不景気なのでボーナスがなくなった、会社が倒産、リストラ等あえばそれなりに相談にものってくれますからね。

本当にね、離婚するなら売ればいいし、なにかあれば売ってそれなりの生活をすればいいんですよ。そのためにきれいに家を使うことも大事だし、土地を選んで買うのも大事なんだと思ってます。

買っちゃったもん勝ちですよ笑

何が起きるかわからないって、

買ってみないとわからないし笑

そりゃあ大変だろうけど、団信だって、ローンだって
色々種類あるし笑

とりあえず返せるシュミレーションで
何とかなるって買うんですもん笑

何とかならなければゲームオーバーですけど、

そうならないように頑張るんですし笑

そんなもんでしょう!笑

結婚するときに義父母に建てられちゃいました。

凄く小さくて狭いです。
自分の好みでもないです。

でも小さいだけあって、ローンも少なくて既に完済しています。

子供が個室が欲しいと言い出した時もありましたが増築してローン抱えるのと今の多少ゆとりがある状態と比べて狭い家で肩身を寄せあって、ゆとりのある生活をしていこうって結論になりました。

大きくて広い家も羨ましいけど、それでお金がないって言ってるのを見ると私は嫌だなと思うので言いたい事も分かります。

我が家は今年、タブルで受験で自宅から通える学校や公立校しか選べない回りの子を見ていて、ありがとうって子供は言ってくれてます。

まぁ結局、価値観は人それぞれなので人は人でいいのでは?

怖いです。

私は専業主婦で、旦那が一馬力で働いています。

急に旦那の仕事がなくなったら…とか、病気で働けなくなったら…とか、

事故にでも遭って亡くなってしまったら…とか。

なので我が家はローンは組んでいません。
家は中古戸建を親ローンでした。

結婚当初の私はまだ何もわかっておらず、家を買うならローンを組むのが当たり前だと思っていました。

でも義父と旦那は「金利をいくら払うと思ってるんや?」
「ローン減税を考えても、一括の方が最終的な支払いは少ないに決まってる」
(計算したこともないので、実際どうなのかわかりませんが)

ということで、親子で契約書を交わし、義父が現金一括払いしてました。

銀行のVIPルームみたいな、未知なる部屋に入って行ってました。私は外で待ってたけど。

そして毎月決まった額を義父に返済中です。

契約は義父が亡くなるまで。義母に確認すると「私には関係ないから、お父さんが死んだら終わりね。私に払う必要はないから」だそう。

月々も旦那が張り切って10万払うと言って、今も続いてますが義母は「子供が大きくなってキツくなったら、月々を減額する相談には乗るから、いつでも言ってね」と神対応。

車も現金です。これは自分たちでがんばってかき集めました。あれこれ理想はあるけど、現金で払えるランクの車しか買いません。

「180万!これ以上は出せないから、これで何とかして!」とディーラーにがんばってもらいました。

でも賃貸の家賃と持ち家のローンって、月々の支払額見てたらローンの方が安かったりもしますよね?

もちろん住む場所にもよるし、持ち家は固定資産税もかかるのであれですが、家族5人そこそこ暮らせる家を借りるとうちの近所だと家賃が13万~15万だそうです。

でも、新築戸建ての人に聞いても、月の返済額は10万そこそこ。
(これも場所や広さで変わりますが)

うちも義父に10万返済中(ボーナスなしの月々均等)だし、そう考えるとローンの方が…って思うかもしれませんね。

ローンで家を購入しましたよ。

だけど、そんな無謀なローンは組みません。

賃貸だと、家賃その他共益費や車があれば駐車場代、その他もろもろ 一生払うけど、持ち家のローンはいずれ払い終えるから。

定年後、年金収入になっても家賃を払い続けるより、定年を目標にローンを払い終えるほうが老後の生活にゆとりが出るのではないかと思います。

また、万が一主人が亡くなった場合にも、持ち家のローンは死亡や高度医療が必要になった場合にチャラになる保険に加入すれば残された遺族、または医療費に圧迫される生活になった場合 安心できます。

賃貸の場合、どのような状況になろうとも、住み続ける限りは家賃がかかります。これは、ローンでも持ち家を購入しているほうが安心ではないでしょうか。

お知り合いの方が、アッという間に庭付き一戸建て購入で、驚かれたのだとは思いますが、欲しい気持ちがあれば、「縁」なので、あっという間に決まることも多々あります。

75歳までのローン、確かに長いと思いますけど、繰り上げ返済するとおっしゃってるんですし、だいたい皆さんそうだと思います。

『いろいろ聞くとあまりの気楽さに大丈夫だろうかとザワザワしてきました。』

私は他所のご家庭の懐具合、いろいろ聞くスレ主さんのほうに ザワザワしましたが、よっぽど親しいお知り合いなんでしょう。

だからこその ご心配だと思います。

お金がなくても何千万もの家が買える社会の仕組みは、『信用』だと思います。

貸すからには、返せる見込み(お勤めの会社や勤続年数や、過去の借金の返済が滞ってないか)きっちり調べます。

ローンであろうと「持ち家」ということは、社会がその人にそれだけのお金を貸した、それだけの信用のある人間だという事です。

そう考えれば、ご心配も少しは軽くなりましたか?

牛乳の例えは 私には理解できなかったので、スミマセン。

30前半で建てました。

さすがに75歳で払い終わりなら買ってないと思います。

主人の会社は65歳まで働けるので、繰り上げ返済をせず退職金を使わなくても返し終わります。

住んでる地域にもよると思いますがこちらは地方政令都市です。

超高級住宅地に建てようと思わなければ、それなりの中心部、便利な場所に4000~5000万あれば土地+4LDK+小さな庭くらい確保出来ます。

新幹線駅まで車で30分くらいの距離まで離れてしまえば、新築戸建てで3000万を切る物件もあります。

こどもが1人で2LDKの賃貸でいいなら、借りてた方が金銭的にはお得かもしれませんがこどもが2~3人いて性別が違うと3LDK~4LDK必要になりますよね。

それなりに便利な場所で3LDK~4LDKの賃貸物件となると、月の家賃が15万円くらいになってしまいます。

3000万の戸建てを35年ローンで買うと月々の支払は10万以下です。

買った方がお得なので、一定の収入がある人は家を買うケースが多いです。

私の友人も、みんな30代前半で家を建ててます。

30代半ばで結婚した友人は、妊娠してすぐに家を建てました。

賃貸暮らしだって、地震や火災がおきたら住む場所無くなりますし、高齢でアパート追い出されたら次に住む場所みつからないし、戸建と違って土地と言う固定資産も残らないですからね。

なぜローンを払い続けられると言えるのか?って…賃貸の人も、どうして家賃を払い続けると言えるのでしょうか?

持家の人はローンを払い終われば家賃なしで生活できる。

賃貸の人は、死ぬまで家賃を払い続ける必要がある。

年金支給額が下がっても払い続けられるの?あてにしていたほど退職金が出なかったらその後の生活は?

賃貸だと不安がないんでしょうか?

一戸建てのローンと賃貸の金額にあまり差がなかったら?

だったら、自分の持ち物にお金をかけたいです。他人の物にお金を払い続けたくない。

私もローンが嫌いなのでスレ主さんのお気持ちわかります。

なので独身時代の貯蓄で頭金をかなり支払い、私もフルタイムで働いて繰り上げ返済し、子供たちが義務教育中に完済しました。

利息で車やもう一件家が建つくらい払うなんてもったいない。

間取りも考え抜いて建てた家は、17年経つ今も過ごしやすくて本当に満足してます。

私は自分の家にいると、ホッとします。建ててよかったです。

今40過ぎ、自分が老人になるころには周りはもっと老人が増えています。

家がなかったら貸してもらえるのか、それこそ家賃を払っていけるのかなど考えると不安です。

家を建てたのは老後に心配せずに住めるところを確保したかったからというのが、一番の理由かもしれません。

単純に家族が住む箱というものも欲しかったし…。

主人も私も戸建てで育ったので、マンションを買うという選択肢はなく、結婚して3年目で戸建てを買いました。

残りローンは10年、このまま返していくと主人が60歳前で終わる予定です。

一応繰り上げ返済なんてものも2回してみましたが(だいぶ期間が減りました)もう3回目をする力は残っていないので、10年払っていくしかないかな。

家はどんどん古くなっていきます。資産という考え方は私は持っていません。

ただ子供たちが巣立つまで安心して過ごせる場所、私と主人が死ぬまで過ごせたら、それでいいと思っています。

やはり帰る場所があること、自分たちの城があることは家族にとってもいいことです。その方が無謀なローンを組んだだけでは?

我が家は結果的に賃貸より安くなりました。

生きること自体博打みたいなもんだし、とりあえず返せる見込みのある範囲で家を買いました。買って良かったです。

賃貸だと万が一旦那がなくなったとき何にも残らないけど、

戸建てで団信に入っていれば借金はチャラになり家は残る。

ローンはアパートの家賃なみ、一馬力で払える金額(配偶者の所得を加味しない)など無理をしなければいいと思います。

家が手に入ったことによりそれ以外贅沢しようとおもいません。

なにがいいかって、子供らが生まれた時から階下、燐の部屋に気を使わずのびのびと育てられたこと
(もちろん戸建てでも燐家にたいしては音など最大限配慮しています)

庭であそばせられる、などお金では買えないものがたくさん手に入ります。

うちは1馬力で30代前半で建てましたが47歳でローンが終わります。

その後は教育費、老後資金を急ピッチで貯めてく予定です。

75歳でも実際にそこまで払っている人はあんまりいないと思います。家を建てたことによって仕事に頑張りがいが出て、繰り上げ返済とかできるかもしれません。

お金がないのとか、フルローンとか言っていても謙遜していて実際は違うかもしれません。

でも別に賃貸には賃貸のいい面がたくさんあると思うので戸建てと賃貸どちらがいいとかは思いません。

それぞれの価値観でいいと思います。

私も同じ感覚です。

全額ローンなんて、バカだと思っています。

今払えない人が来年、再来年お金が貯まるわけがないですよね。

日々、自転車操業なんだろうな、生活苦しそうだなと思いますが、人それぞれなのでいいんじゃないでしょうか。

同じ家を買う、賃貸に住むにしても、身の丈に合ったものが一番だと思います。

お金がないのに相場より高いものを買うなんてバカ。

その方がどうかは分かりませんが、奥さんの意見に従うだけのご主人もダメですね。

人生最大の買い物は、夫婦でしっかり話し合って決めないと。

あとは、育ってきた環境や親の金銭感覚の教育によるところが最も大きいかな。

うちは、絶対ローンは組むな、利息ほど無駄なものはない、欲しいものはお金を貯めて買いなさい、と言われ続けてきたので、車も現金購入です。

さすがに家はローンを組みましたが、購入から2年半で完済しました。義親の援助もとても大きいですが、私の全財産をなげうって返済しました。

夫の収入のみで日々の家計をやりくりしています。(私は出産後退職)

現在の貯蓄は少ないですが、無借金は気持ちがとても楽です。

ちょっと極端な例ですが、人それぞれ。

子どもができるまでは賃貸派でしたが、子供が出来て戸建の良さを痛感しています。

家買うなら子供が小さいうちがいいですね。

全額ローンで、無駄金も一緒に払い続ける人生、私は嫌ですね~。

考え方次第でしょうが。

私は考えを支持します。

子供できてから家を買いましたが、うちは主人が一回り年上なので、主人独身時代の貯金を頭金にして、あとの半分は定年前に完済できるように20年ローンにしました。

地方なので、2千万円あれば庭付き一戸建てが買えるし、建て売りなら1千5百万円くらいで買えます。

アパート借りても最初に敷金礼金など必要で、月5万円くらいの家賃に、毎年更新料などがかかるし、

ご主人が若い場合は頭金ほぼ入れなくても、35年ローンで家賃と変わらないくらいのローンで買えると思います。

私の周りの多くの方は、子供が小学校に入るまでに家を建てられるので、

逆に、同居や転勤族ではなくて、ある程度の年齢なのに持ち家ではないほうが、何かあるのかなと思います。

ご質問に関しては、

もし主人が亡くなったら、団体信用保険によってローンがなくなります。

遺族年金も出るので、最低限の生活には困らないと思います。

もし主人が病気で働けない状況になったら、手当が給料の3分の2程度出るので、それで暮らしていけると思います。

勤め人なら、傷病手当金など社会保障が手厚いので、収入0にはならないと思います。

主人の職場がつぶれる可能性は低いですが、つぶれても専門職なので何とかなると思います。

ローンなくても家賃あれば働かざるを得ないので、多くの方はすぐに次を探すのではと思います。

そして、そのような状況になったときのために貯金をしているし、私も今は専業主婦(元保育士なので託児で少し収入あり)ですが、働くことが嫌いなわけではないので、いざとなれば選ばず働きます。

離婚したら私は子供を連れて実家に帰るし(1人っ子なので他に相続人いません)、主人は両親他界しているので今の家に1人で住むようになると思います。

財産分与をすれば子供の学費は大丈夫なので、普通に働けば食べていけなくはならないと思います。

賃貸が悪いとも思いませんが、うちは子供が生まれて泣き声などでクレームきたので、子育てには一軒家のほうが良いと思いました。

私は借金が嫌なので、お家もキャシュで買いました。

カードは100円でもきりまくりますが(笑、もちろん一回払い)、今まで借金はしたことないですね。

まあ、経済的なことを考えたら、低金利だし、ローン組んだほうが税制メリットもあってお得だったと思います。

もっと言うなら、無理して、すっげー借金して、億ション買ったほうが転売で利益が出る可能性の方が高いので儲かったと思います。

でもね、根がチキーンなので(笑)、借金が怖い病なのです。

お金を借りると返さなくちゃいけない、なんか、いつも追われているような、喉に小骨が刺さったような…そんな感じになっちゃうのかなって思うと嫌なのです。

こればっかりは、価値観の違いもあるのかなと。

ちなみに、戸建てが欲しいかどうかについては、まったく欲しくはありませんでした。

たまたま、流れ的にそうなっただけで。

不動産は処理が面倒くさいんで、賃貸でもどうでもいいです。

布団が敷けるスペースぐらいで十分です。

将来的には高城剛みたいに、超省荷物だけの人になりたいな(笑、無理だけど)

結婚して住んだ社宅が狭い古い汚いの3拍子揃っていて(唯一立地は便利だったけど風紀は悪かった)早く出たくて出たくて仕方なく、私の稼ぎは全て購入資金に充て、半分ほどの金額をローンで組みました。

当時10年間の住宅ローン減税があり、それを充てるとほぼ無利子。

10年後減税がなくなると同時に完済しました。

私もローンは嫌いです。教育ローンや車のローンは考えたことがありません。

でもさすがに家はニコニコ現金払いは無理です。

だからやはり無理のない金額のローンで納まるように、頭金を私の貯金ほぼほぼ全額突っ込みましたよ。(もちろん登記は私の分もしてあります)

そして私は会社を辞めたかったので、ローンは全額旦那です。結局家を買った年に私は退社しました。

ローンって甲斐性だったりするらしいですよ。

ブラックな会社だったり、自由業の方はローン審査ってなかなか通りませんから、住宅ローンが組めるというのは、それなりにステイタスなのだそうです。

家を買うと転勤になるというジンクスもあながち本当だそう。

ローンがあるなら会社側も縛ることができる、という会社側の安心感だそうです。

ローンは35年が最長で、最長で組むのが無理のない組み方なのは周知ですよね。うちも当初35年で組みましたが、払い終えたのは10年です。

そのお知り合いの方は「あっという間に買った」とは言え、色々見て回っていたのだと思いますよ。で、その物件にビビッと来たら、そりゃ後は早いです。

そして「お金がないから買えない」と言っていたのも、その前に計算して見送っていたのでしょう。でも購入したものは払えると判断し、実際ローンも組めた。

普通に堅実だと思います。

私も家が出来上がるまでは悶々としたものです。

こんな地べたにあんな大金を払う価値があるのだろうか、近所に変な人はいないだろうか、もう少し待てば、もっといいものがあったのではないか…。

でも新しい自分の城に入居すると、本当に幸せです。

実際にはローン中ですから完全に自分のものにはなっていなかったのですが、好きにしていい気楽さ、とりあえず老後までの住居確保の安心感…もろもろ。

私の周りには賃貸の人がほとんどいないので、不安感がイマイチよく分かりません。

マイホーム、いいですよ。

結婚して、数年後に家をローンで買いました。

なんというか、私たちにとっては「あなたとの結婚生活を、死ぬまで続けますよ!」という決意表明が家だったのかも。

ローン組んでいる間は、お金を返さないといけないから、仕事は止めません。
(保険はかけたけど)健康で生きるために、夫婦とも元気で過ごす努力します。

子どもも、この家で育てます。
ローン返したら、二人で建てた家なので、死ぬまで過ごします!

という気持ちを、家のローンで示している気がします。

でも、賃貸でも、こういう気持ちで仲良く夫婦過ごしている家族もありますけどね!

繰り上げ返済でかんばったので、あと数年で返済が終わります!!
あとは、子どもの教育資金と、私たちの老後資金を貯めなきゃだけどね…

これまでの人生で一度も借金をしたことがない人が、なぜ家を買うときだけ何千万もの借金ができるのか、すごく不思議に思っていました。

たぶん、『ローン』というネーミングのおかげじゃないですかね??

もし『ローン』という言葉がなく、『35年借金』という言い方なら、皆買うのを考えるんじゃないかなぁ?

私もローンをする気はないので、買うなら絶対にキャッシュで!と決めています。

もうあと10~20年後くらいに、そのときの健康状態などを考慮して戸建に住みたくなれば、住みやすい土地を選んでキャッシュで買えればいいかな、という計画で貯金しています。

賃貸は、いくら家賃を払っても自分のものにはならないですよね。今払っている家賃相当の月々のローンなら、いつかは自分のものになるし、いいかなって思うのでは。

それに、お庭や、子供部屋、広いリビング。
お気に入りの間取り。

階下への騒音を気にしない生活。なかなかいいものですよ。

それに、旦那がもし倒れて、働けなくなったり不慮の自体になった場合は、団信に入っているので、ローンはなくなりますし。

そんなに、悲観するかな?と、思ってしまいます。

まあ、ローンの返済は頑張りますよ。

私も、働いていますし貯金して、繰り上げ返済しようと思っています。

借金した方が得な場合もあるというのが私です。

言うことは分かります。

返済可能なギリギリのローン=借金を組むことは不安そのものです。

そしてそれでは、家の購入のために一生働いているみたいで、古い言葉ではナンセンス(?)だと思います。

でも、私たち夫婦は結果、借金して戸建てに住みました。

まず、お互いの実家は決してお金持ちでなく普通のうちで、夫婦お互い高収入でも無いですが、私たち夫婦はDINKのときに十分な貯蓄をしてきており、希望の家を一括購入することもできましたが、ローン減税の恩恵を受けるため、家の購入に係るお金を全額借金しました。

そして、今は投資で、ローンの利息よりも高い水準で安定的に利益を得ているので、借金はいつでも返せますが借金を継続した方が得なので返さないということになっています。

(ざっくりのイメージは、3000万円の借金で、住宅ローンの利率は1パーセントの30万円、全額借金したがために手元に丸々ある3000万円を1.5パーセントで運用し45万円の利益、借金をしていない場合と比べて、差し引き15万円の利益という感じです。)

特殊だとは思いますが、借金が資産になる場合もあるという例でした。

賃貸も購入もかかるお金はトントンなので、何の心構えもないです。結婚と同時に35年ローンを組みました。

当初の予定では夫65歳完済予定でしたが繰り上げて現在は定年までに終われる計算です。

でもリフォームもあるし、その分のお金は別途必要ですしね。

たまたま家賃よりも安いローンを組めたから購入に至りました。

ただ買って良かったと思えるのは、賃貸で家賃を払いながら購入資金を貯めるのは難しかっただろうなということです。

あ、夫は上司に「ローンを組めるのも甲斐性の一つ」と言われてご機嫌になってました。

男の人にとっては、目標の一つなのかもしれないですね。

35年先だとしてもローンには終わりがある。

でも賃料には生きてる限り終わりがない。

うちも75歳までのローンを組みましたが、繰り上げをして現在60歳直前までに短縮しました。

確かに多額ではあるけれども、毎月毎月確実に借金は減っていきます。

そして終わりがある。

私には一生終わりのない賃貸料を払っていくほうが不安に感じます。

年金が少なくても住むところだけは確保できていればなんとかなるんじゃないのかという考えです。

クレジットカードで支払うのと同じ感覚です。

要は、後払いシステム。

ただ住宅ローンは(一括払いでなくて)分割なわけですから、金利・手数料が発生します。

でも住宅ローン控除があったり、団信保険システムがあったりと、クレカにはない特典がついてきます。

我が家は一戸建て建築にあたり、ローコスト住宅メーカー中心に検討しました。

そのなかにタマホームという会社もあり、なんとダイナースカードで(一括支払いのみですが)支払いが可能でした。

もしタマで建てていたなら、私がクレカポイント欲しさに、カード支払いにしていたかもしれないw

結局別メーカーに依頼したので、この大量ポイントゲット作戦は実現しませんでした。

という文を読まれて分かる通り、住宅も私だけのキャッシュで支払うことは可能でした。

なので特に住宅ローンの重みは感じないでいます。

しかもローンは夫名義のみになりましたので、私は何も考えなくて良いw

という訳で、主様のお友だちとは事情が違いますので、お友だちがどんな考えでいるのか、また同様の財政状況の方(つまりヤバそうな人)がどんな思いでいるのかは分かりません。

ただ他人様に明かしていない事情はあるかもしれませんね。

実は両親から援助を受けているとか、宝くじに当たったとか、株で一山当てたとか、ね。

そして、口から出た言葉が全て本当のことだと考えている方が、私には理解できないです。

自分以外は、全て他人。信用してはならない、ですよ。

お金がないと思うからこそだったら家を買おう!ってなると思うんです。

なぜなら私がそうだから。

賃貸だって家賃がいります。

でもある程度の希望の叶う条件の賃貸ってそこそこ値段がするわけです。

そうするとそれを一生払い続けるコストを考えると、結局家を買うのと同じでは?と思ってしまうんですよね。

これがずっと家賃の半額ほど会社から補助がでるとかなら買わないですよ。

会社の補助の切れるタイミングで購入される方も多いはず。

例えるなら掛け捨ての保険と終身保険。

似たような金額払うならどっちにします?と言う感じ。

ただ、主さんが不安に思われているケースは無謀なローンを組むということだと思います。

私もほんの2か月前までは賃貸派でした。

言うように住宅ローン(○千万の借金)なんて怖すぎると。

でも実際CF表を作ってみたら、将来やばかったんです(笑)

逆にお金がヤバい(といってもない訳じゃないです。

望むライフプランが叶えられないなと。)と思ったからこれは購入の方が良いな…と思えるようになったんですよね。

一般家庭の家賃補助のない賃貸は都心部でない限り逆にお金に余裕がないと出来ないのではないか、と思った次第です。

保険の例えに戻るなら、潔く掛け捨て!!と出来る懐具合が必要だなと思うので。

ほんと家賃補助がずっとあればねぇ…。

もし仕事がなくなったり、ローンが返せなくなるような状況になれば売ればいいのでは?土地の値段はそこまで下がらないし、、、それで今より安い家をローン組み直したりもできますし。考え方は賃貸と同じだし、資産と思えばむしろ戸建の方が堅実かと。

私は最近土地7000万、建物3500万の家を契約してローンは8000万ですが特に不安はないですねぇ。


ありがとうございました

みなさんのご意見読ませてもらいました。

私と同じ考えの人もいました。

とても堅実で優秀な人達だと思いました。

余裕のある返済。もう終わった方。キャッシュの方。

お話も納得いきましたし、家を持てる方たちだなと思いました。

しかしローン地獄に陥り、家計は火の車というのも現実です。競売物件も多いですよね。

気になったのは、旦那が死んだらローンがなくなるというところです。

死ぬのは確実のことなのでわかりますが、もし離婚したら?とはならないのでしょうか。そこは想定外なのかなということです。

私は離婚して1DKの賃貸に一人暮らししています。

結婚してた時、家を買おうと相談までしていました。

隣近所気にせず広い家に住んでみたい。夢は広がりました。ローンもなんとかなるだろう。

しかしローン表を見せられた時急に嫌になりました。こんな小さな家に何千万。あほらしい、やっぱりやめとこうと買いませんでした。

みなさん価値観の違いと言われて、そうなんだろうなと思いました。

私の疑問に関しては、怖くはない。
お金がないからローンを組む。
ということなんですね。
わかりました。

みなさんどうもありがとうございました。

注文住宅を購入したいと思ったらカタログ請求


注文住宅を購入したいと思ったら、まず依頼先を探すことからはじまります。

依頼先には「ハウスメーカー、工務店、建築事務所」があり、親身になってくれるハウスメーカーや工務店、建築事務所を見つけるためには、カタログ請求して徹底的に比較することが大切です。

営業マンは話すことでフィーリングがわかりますが、職人さんの良し悪しは、その会社が建てている現場に行くと仕事ぶりで確かめることができます。

どんな人が家を建てているのか、どんな風に建てているのかを見ることができたら、安心して任せることができるでしょう。

LIFULL HOME'S 注文住宅は通常のカタログ・資料請求サイトと比較するとハウスメーカーや工務店、建築事務所の数が非常に多く、ジャンルに特化した特設ページがいくつもあるので、理想の家を建ててくれる業者を探しやすい。

建築価格1,000万円台のカタログ
ローコスト住宅専用のカタログ
平屋住宅のカタログ
外観デザイン住宅のカタログ
ZHE住宅のカタログ
都道府県別のカタログ

などなど、あなたの希望に合わせた家を得意とした業者選定が簡単にできて、気になる業者から一気に資料・カタログを入手できます。

非常に効率よく情報収拾が可能なサービスです。







-家を買いたい!Q&A

Copyright© 【家・マンションを売りたい】住み替え、不動産売却、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.