家を買いたい!Q&A

40代で借入2000万円の住宅ローン、無謀でしょうか?夫43歳年収約380万です

更新日:


新築を考えており、土地探し中です。

今後のことを考えると、もっと借入を少なくするべきか不安になってきて…

40代からの住宅ローン、無謀でしょうか???

皆様の率直なご意見いただきたいです!

【新築予算】
土地 1300万円
(50~60坪くらい希望)
住宅 2200万円
計3500万円
(頭金1500万円、ローン2000万円)

【家族構成・収入】
43歳 年収約380万
39歳 年収約300万
小5(男)
小2(女)

【家計資産】
貯蓄 2600万
株・投資信託 250万
子供用
貯蓄 400万
学資保険 450万(2人分)払込済

【家計支出】
月払い
家賃 5万
光熱費 2万
通信(iphone2台・キッズ携帯2台・固定電話・ネット) 1.5万
保険 2万
学校 1.5万
子供習い事 3.6万
食費・外食・日用品・雑費 8万
ガソリン 1万
こづかい 2万
ーーーーーーーーーー
計 26.6万

積立投信 3万
貯蓄 10万
ーーーーーーーーーー
支出合計 39.6万

年払い
生命保険 3万
自動車保険(2台)8万
旅行 10万

以上になります。

注文住宅で失敗しないためにカタログを請求しよう

実際に注文住宅を購入した方がどれくらいカタログを取り寄せているのかというと、一人当たり約10社ほどのカタログを取り寄せています。

注文住宅カタログを入手するには

①住宅展示場でもらう
②各社HPから取り寄せる

という方法がありますが、

まとめて一括請求してカタログを取り寄せるのが一番ラクで無駄な時間を使わなくて済みます。

数年後に注文住宅を購入したいと思う方も、とりあえずカタログを郵送してもらうだけでも大丈夫。

情報をできるだけ多く入手することで、一生に一度の大事な注文住宅の購入に失敗する確率もグンと減ります。

LIFULL HOME'Sは運営している会社が上場しているので安心して利用できるサービスです。

それではみなさんの回答を見ていきましょう。

大丈夫だと思います

収入は手取りですよね??

680万の手取り年収から年間約500万の支出を引いて、そこから支出に含まれる月々の貯金120万を足すと年間貯金は約300万ですよね。

家賃が5万で年間60万ならローンと貯金で360万使える計算に。

2000万を毎年200万ずつ返せば15年もあれば返せます。
実際には35年の変動金利で組んでどんどん繰り上げ返済すればいいと思います。

それでも年160万貯金できます。

現在の貯金もたくさんあるし、余裕かと思います。

現在の家賃が5万だったのが、金利1%でも、17年の支払いにすると、月10万を超えます。

+固定資産税や修繕費の積み立てがいります。

いまの貯金が10万とのこと。
この貯金の目的が不明ですが、この貯金が3万位になってもライフプラン的には大丈夫なのでしょうか?

年間支出が約500万。
収入680万は年収とあるので税込かな?
とすると、年間の貯金は月々の10万だけでしょうか?

残り17年。退職金があるか不明ですが、問題は老後資金を貯められるかですね。

年間36万だと、612万。
こちらも心もとないですね。
主さんが定年まで働けるかどうかにもよるかもしれませんが。

また、教育費としては850万。
大学を考えない、もしくは自宅通学が必ず可能であるという地域ならいいのですが、私立+下宿ともなると、明らかにこちらも足りないと思います。

ただ、住宅購入後に諸経費引いても800万位は貯金が残りそうなので、この使い道次第かもしれませんね。

2000万のローンを10年でもしくは、兄弟で大学が重なる年までにとすると12-3年で返済するには年額160-200万となります。

今家賃が年額60万ですから、100-140万多く住居費がかかるという計算で。さらに固定資産税もかかりますので。実質12年で毎年200万返すと思っていた方がいいかなと。

お子さんの教育費として、家賃や土地代から推察すると地方かなと思われるので自宅から大学が通えないとすると、仕送りが発生します。

それまでにローンを払い終えた方がいいかなと思い12年でとしました。

頭金以外の貯蓄と株などで1000万ありますが、これはおそらく車の買い替えやお子さんの教育費の現在の貯蓄からの不足分でなくなる額だと思います。

そうなるとご主人と主様の退職までに老後の資金ご夫婦で2000-3000万用意できそうかというところが鍵になるかなと。

ご夫婦で退職金いくらぐらいありそうかと、その不足分をお子さんが大学出し終えで60までの残り数年で貯めるとしたら貯められそうですか?

そこがクリアできそうなら大丈夫だと思います。

住宅ローンとお子さんへの仕送りがなくなって3年くらいでとか、主さんは7年くらいあるのかなと思いますので、その間に貯められる額を推察してみると、ローンと仕送りに出していた20万くらいを毎月貯金するとして年240万ですから、退職までに1000万貯金できそうかなと。

二人の退職金が合わせて2000万以上ありそうなら大丈夫そうと考えます。

ローンが大丈夫そうかもそうですが、お子さんが大学行って家を離れるまであと10年ほどしか一緒に住めません。

それでも大きい家を構えるか?土地を買って建てて将来お子さんが相続して住みそうな土地なのか?

とかも考えてずっと賃貸でお子さんが中高の間は広めの家賃がもう少し高いところに住み替えて、ご夫婦2人になったらマンション住まいとかも検討に入れてもいいのかなと思います。

大丈夫でしょう

もちろん安易に「大丈夫」なんて言って 後あと払えなくなったら大変ですが…

一例として我が家の事を 少し書きますね

当時40歳代前半 シングル 子供2人(小学生あり) 手取り年収370万円ぐらい
貯金1500万円ぐらい 元夫からの養育費なし 軽自動車1台
3500万円の建売 1000万円入れて2500万円の35年ローン 月々約8万円ローンの支払い

その他いろいろ 地震保険やら手数料やらで300万ほど飛んでいき 貯金が200万になった時はさすがに「何かあったら」とドキドキでした

手数料がこんなにかかるなんて知らずに家を購入したので…

購入から2年半ほどたちましたが 順調に健全な生活を営んでいます

貯金も500万ほどに増え 一回ですが 100万円繰り上げ返済もしました

すこ~し生活レベルが高いようですが そんなにがっつり節約しなくても 外食を少し減らすとか 家族全員で「家を買ったから少し節約しよう!」ってすれば十分大丈夫だと思いますよ

注文住宅を購入したいと思ったらカタログ請求


注文住宅を購入したいと思ったら、まず依頼先を探すことからはじまります。

依頼先には「ハウスメーカー、工務店、建築事務所」があり、親身になってくれるハウスメーカーや工務店、建築事務所を見つけるためには、カタログ請求して徹底的に比較することが大切です。

営業マンは話すことでフィーリングがわかりますが、職人さんの良し悪しは、その会社が建てている現場に行くと仕事ぶりで確かめることができます。

どんな人が家を建てているのか、どんな風に建てているのかを見ることができたら、安心して任せることができるでしょう。

LIFULL HOME'S 注文住宅は通常のカタログ・資料請求サイトと比較するとハウスメーカーや工務店、建築事務所の数が非常に多く、ジャンルに特化した特設ページがいくつもあるので、理想の家を建ててくれる業者を探しやすい。

建築価格1,000万円台のカタログ
ローコスト住宅専用のカタログ
平屋住宅のカタログ
外観デザイン住宅のカタログ
ZHE住宅のカタログ
都道府県別のカタログ

などなど、あなたの希望に合わせた家を得意とした業者選定が簡単にできて、気になる業者から一気に資料・カタログを入手できます。

非常に効率よく情報収拾が可能なサービスです。







-家を買いたい!Q&A

Copyright© 【家・マンションを売りたい】住み替え、不動産売却、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.