家を買いたい!Q&A

住宅ローン4200万円きつい。夫40歳私30代後半。ちょっとこわくなってきました。

更新日:


住宅ローンって、
1.子どもの数が確定してから
2.夫だけで組むことができる
というのが前提なんですね・・・。

うちは、
1.3歳一人っ子だけど二人目の可能性はゼロではない。でもできにくい体質。できるかどうかわからないけど可能性はある。でもできるの待ってたら賃貸で狭いままだし子どもの小学校の学区は決まらない。保育園から小学校に同じ学区でつなげてあげたい。ファミリータイプの賃貸がなかなかない。ローンを組める時間が減ってしまう。

2.23区内便利な路線で都心まで15分程度乗換なし、JR・地下鉄ほかの複数路線。そのかわり高い。夫だけで住宅ローンの審査(多めに出して5000万)は、大手企業なので通るけど、月々の返済は夫一人では無理だろう・・・。
という状況でローンを組んでしまいました。

連帯債務で半々です。(私はフルタイム)

そんなローンを組んだ方って、少数派ですかね・・・^^;
ちょっとこわくなってきました。

健康に気を付けなきゃ・・・。
頭金を3割ほど入れてローン額は4200万。

夫40歳私30代後半。
20年ローンで月々20万弱(+管理費3万5000円くらい)。
元金均等なのでだんだん下がります。

金利はフラットで最初5年0.42、その後15年1.02。
今までの賃貸が月々20万でした。

10年は住宅ローン減税があるので繰り上げず、月々繰り上げ用に10~15万貯金。
で、11年目に1800万ほど一気に返済して終了の予定。

その時点で2人目いたり教育費かかるようなら返済額軽減型の一部だけの繰り上げ返済にするかもしれません。
教育費は一か月10万ずつ積み立て。

老後資金は、住宅ローンの返済が終わったら、10~15年で今の返済額くらいを月々積立予定。

健康で定年まで働けるのを前提なのでちょっとこわくなりました。
最近有名人の病気のニュースも見るし^^;

田舎出身なもので、庭つき一戸建て広々~、を3000万くらいが相場と思っていたので、まさか都内に住んで倍くらいの、それもマンションを買ってしまうとは思いませんでした・・・(汗)

注文住宅で失敗しないためにカタログを請求しよう

実際に注文住宅を購入した方がどれくらいカタログを取り寄せているのかというと、一人当たり約10社ほどのカタログを取り寄せています。

注文住宅カタログを入手するには

①住宅展示場でもらう
②各社HPから取り寄せる

という方法がありますが、

まとめて一括請求してカタログを取り寄せるのが一番ラクで無駄な時間を使わなくて済みます。

数年後に注文住宅を購入したいと思う方も、とりあえずカタログを郵送してもらうだけでも大丈夫。

情報をできるだけ多く入手することで、一生に一度の大事な注文住宅の購入に失敗する確率もグンと減ります。

LIFULL HOME'Sは運営している会社が上場しているので安心して利用できるサービスです。

それではみなさんの回答を見ていきましょう。

ここにいますよ~!

ガッツリ夫婦でローン組んじゃいました(^ ^)

しかも子ども3人いるので教育費が恐ろしいです。

健康で定年まで勤め上げること前提です。
もしもの為に保険はガッツリかけています。

働くモチベーション上がると思って頑張ります。先のこと心配しても始まらないのでやるしかないですね!

それが払えると思う人が買うだけだと思います。

月の支払20万なんて、年収600万の属に言うところの「一般家庭」じゃまず無理です。

5000万超の家なんて、日本にどれだけあるのでしょう?
たぶん、東京都内か、政令指定都市の中心地ぐらい。

そもそも、4000万越えのローンなんて、うちなら「は?なにいってんの?」で一発KOです。

子供の数は決まってから買うのはたぶん普通じゃないかなぁ?
部屋割りとか考えませんか?
うちは結構考えましたよ?
ローンのこととか関係無しに。

あと、共働きでローンが組めるのも、結局は奥さんが正社員で働けてるから、だと思います。

地方に行けばいくほど配偶者の非正規雇用は増えます。
共働きでローン組みたくても組めない人も多くいると思います。

あと、家に対する思いも人それぞれだと思うので、家を買ったから頑張れる人もいると思います。

そういう人は多少きつめでも買うし、払っているんだと思います。

うちは、どちらかというと、普段の生活にお金かかってるんで、家は中古です(笑)

旅行とかには興味が無いけど、まぁ生活レベルが微妙に高いんでしょうね(あはは)

駅近の戸建で車持ち。月に何回乗るの?と問いたいぐらいのワンボックス。

(家に駐車スペースがあるから駐車場代はかからないけど)

ペットで飼ってるめだかは、めだかのくせに色々お金かかってる。

水槽とか水草とか。照明とかにもこだわっちゃって、お金かかります。

光熱費も節約の概念無し。
普段の生活にがんがんお金かかってます。

今4200万のローンがあります。

私も田舎育ちで3000万あれば豪邸が建つ田舎育ちです。

建てた家は駅近だけど、小さい3LDK。

ローンは主人だけで組みましたが、やっぱり不安になりまして。

家を建てるまで扶養内パートでしたが、やっぱりローンがあるしとフルタイムに転職しました。

4500万借りたローンですが、今300万返済して、4200万です。
13年~14年くらいで完済できたらいいなぁと思っています。

うちは残り4000万になったら繰り上げ返済をストップして、住宅ローン減税の期間終了後に主様と同じくまとめて繰り上げを考えています。
そして同じく二人目の可能性もなくはないです。

私の場合、がんばって稼がなきゃと思えるのでよかったかもしれません。
もともと怠け者なので…
一緒にがんばりましょ~!

フルタイム共働きで23区内在住です。

ローン名義は夫のみですが、フルタイム共働き必須です。
世帯額面年収の5倍で35年ローン組みましたよ~

頭金なんてほとんどいれてませんし。いれられないかった、が正解(笑)

専業主婦か扶養内パートの家庭が多いし、特に慎重な方が多いので「夫のみの稼ぎで生活」となるんだと思います。

同じ1000でも夫900妻100の家庭ならそうするべきだと思うけど、夫500、妻500で500の生活するってけっこう難しいと思うんですよね。

夫婦とも通勤に便利なようにすると住居費は上がるし。

500稼いでくる妻(フルタイム)が100の妻(短時間パート)と同じような節約って時間的にもやっぱり難しい。

なのでうちは夫婦合算の稼ぎありきの生活をしています。
働くモチベーションでもありますし。

「生活のために仕事辞められないプレッシャー」を夫婦で感じているのもまた連帯感(笑)

うちは家族みんな健康で私も仕事辞める気はさらさらなく、今後娘のために仕事を辞めざるを得なくなる理由って交通事故に遭う確率くらいだと思ってます。

小1の壁などで一時セーブすることはあっても辞めないでしょうね~。

交通事故に遭うのが怖いから外出しない人がいないように、わずかな確率のために欲しい家を諦めることはできませんでしたねー。

でも確かに健康は大事です。酒はほどほど、適度に運動をモットーにがんばりましょう!

始めから私も働いている前提で組みましたよ。割合はちがいますが、私だけで2000万もローンあります。

月々は17万の支払いですが、教育費10万とかできてないですー

2人目も欲しいし。

がんばります。

リスクヘッジできてればいいんじゃないかな?

例えばこどもの数は確定していないけど、授かる前提で部屋数を考えるとか。

ご主人の収入だけでは厳しいけど、妻の退職金である程度繰上げ返済できるとか。実は結婚前の貯金があるとか。

妻が働いてるならローン控除を考えたらダブルローンは正しいと思います。

我が家もダブルローンで、購入してから2人目産んでます。金額はもう少し低いですが。理由は同じく、賃貸で求めるスペックがない、保育園は激戦区で引越しして転園はありえない地域だから。

2人目が3つ子だったら仕事復帰は無理だけど、退職金と貯金で私の分のローンは繰上げできるし、部屋も80平米近くあるから住めるかなと踏みました。

とらぬ狸のナントヤラで、うまくいくパターンしか想定しないのは危険ですが、きちんとリスクを洗い出してそれについて目処がたつなら(今立たないならリスクが具現化しても立たない)多少無理しても大丈夫かと。

ま、組んじゃったらよほどの理由がない限りは途中でやめられませんから、贅沢禁止で繰上げ返済するのみです!!

1、子供の人数について
結婚年齢が高齢化しているので、子供の人数が確定する頃には、40代ということが珍しくなくなりました。そうなると主さんみたいに、20年以内で組むか、35年で組み、繰り上げをガンガンするか。
結果、支払いが高額になります。そして高齢化にともない、持病を持つようになって、団信がつけられないということも発生しています。

また不妊も増えて、子供の人数の確定がますますしにくくなってきています。
(できれば2人欲しいけど、できるかどうか、わからないというような。)

私は子供の人数の確定より前に家を買うことは必ずしもマイナスではないと思っています。
それは子供が将来的にも学区が変わらないで良いこと。

無駄な家賃を払わずにすむこと。
など利点もあります。

今はあえて子供部屋を作らないという考え方も増えています。

寝る部屋と勉強部屋にわけるというような考え方ですね。

ただ、実際に子供が生まれないと、物件の選択に想像が難しいので、そこは慎重になる必要はあります。

2、共働きについて
結婚の高齢化にともない、夫婦共にキャリアを持つ夫婦が増えましたね。
そして、高齢化により、20年でのローンなどの影響で、月の返済が多くなり、夫婦の収入がないと返せないローンを組む人が増えました。

また、年齢が上がっていることにより、より高級志向が高まり、より高い物件を買っているように思います。
またそれだけの収入がありますし。

共働き前提で組んでしまったローン、
少しでもリスクを下げるには、
とにかく質素な生活をして、働ける間に早めに繰り上げをガンガンするか、貯金をがんばって、
夫だけの収入でも返せる額までローン額を下げることかな。

必ずしも悪くはないですよ。
最終的に、夫婦ともにバリバリ働ければ、問題ないのですから。

頑張りましょう。

男性の年収が下がり、女性の年収が上がってますからね。
うちも組むなら夫だけの年収では厳しいです。
年収比が3:2くらいなので。しかし、子供が一人なら一部屋減らせるし、自分の働いている会社が働く母親に優しくないというのもあり、怖くてダブルローンなんて組めませんでしたが、仕事ができて子供ができても評価される自信あるとか、実家が裕福でいざというとき助けてもらえるとかそういうことがあれば組めるわけで、一概には言えないですよね。しかも、組んでしまったのなら、やるしかない。
少数派でも世の中には同じくらいのローン組んでる人は沢山いますから。

連帯債務半々です。
うちは5500万借りてます。繰り上げ返済しまくって、3年で1/3返したところで、私がフルタイムからパートになりました。人生何があるか、わかりませんね・・。

その直前まで、60までフルタイムやな、って思っていたのに。

でも、幸い、私の方が年上で、4年早く社会に出て、貯蓄がたくさんあったため、そこから同じように返済できています。
フルの間に繰上げしといてよかった!

何があるかわかりませんので、余力あるうちに、繰上げすべし!

私なんて、主人他界していますよ~
シングルマザーで、年収9倍の住宅ローン組んじゃいました。年収の底だったし、遺族年金もあるので、今の収入では6倍程度になりましたが。
所謂東京23区の中でも都心です。アホみたいに住居費高いですよ。住居費も恐ろしいけど、教育費がもっと恐ろしい!
公立前提なんて友達いませんよ。
子供の希望に戦々恐々としつつ、少しでも貯蓄を増やそうと、先日借り換えもしました。

リスクヘッジは当然望ましいことですが、今はそうもいっていられない、そして、不可抗力のリスクに対してはサポートが充実しているのも事実です。

万が一何かがあってローンを返せなくて自己破産しても、7年すればほぼまっさらです。
自己破産の事実がばれることもほぼありませんし、生活にも影響は少ないです。

会社が倒産したって、支払いの相談をすれば銀行は対応してくれますし、お子さんに何があっても、共働きでも対応できるように行政はフォローする責務があります。

充実した、不安のない、安定した、生活を万が一の際にも送りたいなら、高額な住宅ローンは大きなリスクですが、万が一の際は売ればいい、自己破産も一つの手段、コツコツ夫婦で頑張ろう、というご家庭なら、万が一がなければ、とてもよい人生が過ごせますよ。

とりあえず、健康に気をつけるに越したことはありませんね!

繰り上げ返済分の貯蓄と教育資金の貯蓄を毎月していて、さらに月20万払ってるなら、きつめじゃないと思いますよ。

ローン払ったら貯蓄なんてほぼなし、繰り上げ返済なんて余裕なし、が「きつめのローン」ではないかな?

子どもの数が確定してから家を買う、はうちの周りではぜんぜん当てはまりません。

結婚と同時に無難なファミリータイプを買う人がほとんどですよ。
うちは結婚10年、子ども二人で買いましたが。

都内で地価の高い人気エリアなので、早く買って、住み替えしたくなっても、買い手はいくらでもいます。

そういう意味では、買ったら一生の財産(よくも悪くも)の田舎より人の出入りの激しい都内は「不動産を買う」ことについて、それほど一生の問題でもない気がします。

うちは戸建て購入後に子どもが増えましたが、想定の範囲内。

2階に広いこども部屋がひとつあるので、それを家具やパネルで仕切って使う予定です。
大人も子どもも、しっかり壁で区切られた個室は持たない予定です。

ローンは夫だけのものですが、余裕分は私が働いて作ってます。
5000万近いローンも都内では珍しくないですよ。


同じように共働きありきのローンを組んだ方、シングルで頑張ってる方、励まされました。

共働きでローンを考えてる人に、「でも旦那さんだけの収入だと年収の◯倍ですよね」みたいなコメント見かけて、共働きありきはやはり危ない?!と思ってしまいました。

保険にいくら入ってても、ガン以外で病気になって働けないこともあるみたいなコメントを見て、確かに最近健康診断で急に貧血を指摘されたり、疲れやすかったり、40前にしてちょこちょこ不調があります。

でも考えてみたら、夫のみローンでも、健康が大事なのは同じですね。

子どもの数確定してから、については、コメントにあってすごく納得したのが、結婚年齢が高齢化してたり不妊だったりでかなか確定しないから買ってしまうのもアリというのにすごく納得しました。

母親は20代前半から半ばで1,2歳差で3人産み、そこからローンを組んでたので、早々と確定してましたが、私は、産めなくなるまで確定しないかも。漠然と40と思ってたのに、最近立て続けに知り合いが40代前半で出産し、45くらいまでは出来うるのかぁ、と思ってしまいました。

そこまで待つと、賃貸も20万で高いし、ローンも短期間になってしまい、老後に影響しそう。
20代や30代前半でたくさん産んで確定できればなぁ、とは思いました。

きつめと書きましたが、「もし夫1人だときつめ」という意味ですね(;^_^A
2人だとそれほどきつくはありません。

いずれにせよ、ほんとに健康が大事なのを最近痛感してます。

不動産とか株とか不労所得は持ってないし、完全に給与所得のみの暮らしなので。
とりあえず組んでしまったローンなのでがんばります。

アドバイスあったように、5年経って金利が上がったタイミングで繰り上げたほうが得なのか、減税効果のが得なのか、計算してみようかな。

すべてのコメント、ほんとにありがとうございました。

注文住宅を購入したいと思ったらカタログ請求


注文住宅を購入したいと思ったら、まず依頼先を探すことからはじまります。

依頼先には「ハウスメーカー、工務店、建築事務所」があり、親身になってくれるハウスメーカーや工務店、建築事務所を見つけるためには、カタログ請求して徹底的に比較することが大切です。

営業マンは話すことでフィーリングがわかりますが、職人さんの良し悪しは、その会社が建てている現場に行くと仕事ぶりで確かめることができます。

どんな人が家を建てているのか、どんな風に建てているのかを見ることができたら、安心して任せることができるでしょう。

LIFULL HOME'S 注文住宅は通常のカタログ・資料請求サイトと比較するとハウスメーカーや工務店、建築事務所の数が非常に多く、ジャンルに特化した特設ページがいくつもあるので、理想の家を建ててくれる業者を探しやすい。

建築価格1,000万円台のカタログ
ローコスト住宅専用のカタログ
平屋住宅のカタログ
外観デザイン住宅のカタログ
ZHE住宅のカタログ
都道府県別のカタログ

などなど、あなたの希望に合わせた家を得意とした業者選定が簡単にできて、気になる業者から一気に資料・カタログを入手できます。

非常に効率よく情報収拾が可能なサービスです。







-家を買いたい!Q&A

Copyright© 【家・マンションを売りたい】住み替え、不動産売却、外壁塗装に役立つ掲示板 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.